先週末は、寒さをも吹っ飛ばすヤル気と情熱を持ってセンター試験に挑んだ受験生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

今回のセンター試験は「ゆとり教育」の最後の世代が受験しました。この最後の世代にとっては、是が非でも今回のセンター試験で一発合格(志望校)といきたいところでしょうね。来年からは試験科目も増えますし、試験内容も変わると聞いています。そして、来年の競争相手は「ゆとり教育世代」よりも勉強量が豊富である「脱・ゆとり教育世代」。しかし、試験内容がどうであろうと、競争相手がどうであろうと、自分を信じ、コツコツと地道に実践してきた者には勝てません。

子以四教。文・行・忠・信。孔子は、主として四つのことを教えました。一つは文。今なら学問のこと。道理を書き表したものをすべて文といったので、先王の教えは皆文であります。行とは、実行。礼を学んで実践に移すことが行。徳行を以て垂範すること。忠とは、自分の心の誠に尽くすこと。従って、忠は自分一個についてもいえる。誠実のこと。自己分内の誠。信とは、人を欺かないこと。約信のこと。他人との関係に誠であること。信義。自他をつなぐものはこの信の徳で、信は、社会道徳の根本である。「文」と「行」は学問と実践で、その精神的な面からいえば「忠」と「信」。四者並立の四教ではない。根本は「忠」「信」という心の動き。伊藤仁斎はこの四教を孔子学派の家法、万世学問の定式なりと断じています。

今後は「ゆとり教育世代」と「脱・ゆとり教育世代」の比較により隔たりが生じてくるかもしれません。でもそんなものはどうでもいいんです。いつの時代も何かと何かが比較されるわけですから、そういったものに翻弄されることなく、自分が信じた道をコツコツと実践していくことです。私も過去、家庭教師をしていた時期がありましたので、他人事では片付けられません。真実を打ち消し、翻弄することばかりの社会になりつつありますが、そんなものは放っておきましょう。せっせと、えっちらおっちらやるのが一番。是即ち、「何かに頼ろうとするな。自分に甘えるな。自分だけに頼れ」です。失敗してもいい、転んでも倒れてもいい。修行とは出直しの連続なりです(スマーツメディカルグループ CEO兼総院長)

 

【スタッフの一言】

スマーツウィーク鍼灸整骨院:院長M

皆様、いつもスマーツメディカルグループをご利用頂き、有難うございます。

2014年を迎えたばかりと思いましたら、もう1月の下旬です。

一日が過ぎるのが早く感じます。

成人の日をお迎えになられた方、おめでとうございます。

去年の成人の日は雪が降っていて、当院の直営店であるSmarphin国分寺店の前で雪かきをしていた記憶がありますが、今年は快晴で良かったですね。

これからも人生勉強の連続ですが、時には息抜きも必要だと思います。

そんな身体をリラックスしたい時には、当院直営店であるSmarphinをご利用ください。

スタッフ一同、お待ちしております。