先日、久しぶりに元大関・武蔵丸を見ました。現役時代と遜色のない大きな体で、威風堂々とした姿はさすがは元大関といった感じでした。武蔵丸といえば、明治維新に活躍した西郷隆盛(以下、西郷と称す)を思い出します。顔といい、雰囲気といい良く似てますよね。西郷が生きた時代はまさに現代の日本の基礎を築いた激動・変革の時代でした。西南戦争で力尽きた西郷でしたが、今でも真の敗因が何だったのか? ベールに包まれたままです。私が思うには、西郷が生涯大切にしていた一首の歌である、「虫よ虫よ五ふし草の根を絶つな。絶たば共におのれも枯れならん」に隠されているような気がします。五ふし草は稲のこと、虫というのは汚職のこと。この歌には彼の正義感と純粋さが表れています。

一方では、征韓論を推進するなど、武闘脈としての野望(?)も持ち合わせていました。政局という中で、西郷本来の姿(一首の歌⇒正義感)と処世術(征韓論など⇒時に必要な非情)とのバランスが崩れ、徐々に制御機能(ジャッジメント)が狂っていったのではないでしょうか。そうなってくるといざという時に、白か黒ではなく、曖昧なグレーゾーンが多くを支配し、トップとして一本化した方向性を打ち出すことができなくなります。最後には全体の統制が取れなくなり、下の人間は「トップが本当にやりたいものは何なのか?」と疑心暗鬼になってしまいます。「人の良さ」と「非情さ」のバランスが崩れた際、時に成否を分けることさえあります。だからこそ、トップはプロセスと結果の両方に拘らなければいけないのかもしれません。

余談ですが、西郷の敗因の一つに「世界の見識」が備わっていなかったことも挙げられるのではないでしょうか。岩倉具視(以下、岩倉と称す)は欧米諸国を巡り、世界という大海を知り、さらに西洋の政治や文明に触れ、結果、憲法制定の礎を築きました。一方の西郷は、日本国内で留守政府として居残り組でした。海外視察組の岩倉は、「海外政治や文明は凄い。何もかもが、日本よりも遥かに発達している。海外のように日本を変えていく必要がある」と唱え、国内に留まった西郷隆盛は「もっと他国を占領しよう」と征韓論などを唱えました。極論すると、岩倉は「世界の広さと凄さを知った」ことで見識を広げ、西郷は「国内のみを知り、大海を知らず」で、世界の流れをくみ取れなかったような気がします。

この双方の見識の差と違いが、後の西南戦争に発展していく一因となったことは否めません。そういった意味においては、明治維新で名を馳せ、轟かせた坂本竜馬という人は凄い人だったんでしょうね。一流と呼ばれる人は、数少ないチャンスを絶妙なタイミングとスピードで確実に捕えにいく。そして、世の流れを味方につけていく術(嗅覚)を持っています。その結果、「知識(技術を含む)」「見識」「胆識」というものを身につけ、それを身につけた者が一流と呼ばれるのだと思います。

なぜ、私が「一流」「プロフェッショナル」という言葉に拘るのか、それは「口だけは一流だが、きっちり仕事をできる人が少なくなってきた」というのをまざまざと実感しているからです。これはすべての業界、年齢層に言えることです。一流という言葉を私なりに置きかえると、「きっちり仕事ができる人。10のうち5の能力しかなくても、5の能力を一生懸命発揮する人」です。私はそのように思っています。昔の人は勤勉で責任感があり、本当に「きっちり仕事ができる人」が多かったのですが、今では・・・???です。自分が持った仕事、与えられた仕事くらいは、きっちり仕事したいものですね(スマーツメディカルGr. 総院長)

 

【スタッフの一言】

スマーツウィーク鍼灸整骨院:院長M

いつもスマーツメディカルグループをご利用頂きまして有難うございます。

SMARTS鍼灸整骨院院長(スマーツメディカルGr. 総院長)が渡米の為に不在になります。

10月21日~26日はスマーツウィーク整骨院で治療致します。

総院長から各患者様の治療方法を教えていただいておりますので、良い緊張感の中、一生懸命治療します。宜しくお願いいたします。