先日は久しぶりに深夜遅くから朝方まで、食事(?)をしていました。整形外科・内科・皮膚科のドクター仲間と医学生など数名と、プライベートトークを中心に少しだけどんちゃん騒ぎを交えながら・・・朝方まで。他のみなさんは次の日が休みだったため、トークも食事もハチャメチャぶりを発揮していましたが、私は次の日も仕事でしたので賢者(?)らしく、少しセーブさせていただきました。名医といわれているドクター、名医を目指そうとしている医学生、日本のリハビリテーションの現状を嘆く理学療法士など、様々なカテゴリーの猛者が集結しましたので、いろんな体験談を聞くことができました。プライベートトークが中心だったとはいえ、医療の話もボチボチ出ていました。それは、「復習の大事さ・・・」についてです。これについては異口同音、「復習をしない人間は、近代医学と現代医学を同時進行できない」とみんなの意見が一致しました。

私は医療という道だけではなく、どんな世界でも「復習すること」は大切だと思いますし、個人的には「一般的にいわれている能力という問題以前に、復習するという行為・作業に継続する力が備わっているか否か。この行為・作業を継続できる人は、それだけで一種の秀でた能力の持ち主だ」と信じて疑いません。「復習」とはある意味、「継続」と連動している行為・作業です。一流と呼ばれれている人たちはみんなこの能力が備わっており、超一流になるにはそれプラス誰かのサポート(指導者)も必要となってきます。

私は小学校の教員免許を持っており、過去、家庭教師もしたことがありますが、やはり「できる受験生」はこういったものを兼備しています。できるできないの前にこういった「復習」を継続していると、自然とできる人間にはたくさんの人たちが集まり、たとえ自分の能力について他人が知っていようが知っているまいが、我が道(信じた道)を一歩一歩、ほんの少しずつでも歩を進めていけば、いつか自分の周囲にも感動や喜びが訪れるてくるものです。「子曰く、学びて時に之を習う、また説ばし(よろこばし)からずや。朋遠方より来たる有り、また楽しからずや。人知らずしてうらみず、また君子ならずや」ですね(スマーツメディカルGr. 総院長)

【スタッフの一言】
スマーツウィーク鍼灸整骨院:院長M

いつもスマーツメディカルグループをご利用頂き、誠に有難うございます。

旧店舗から移転して早いもので8ヶ月が経ちました。一日が経つのを早く感じます。

患者様の症状も様々ですが、一日も早く回復するような治療を心掛けています。

新店舗では1号店であるSmarphin 国分寺店(リラクゼーション・サロン)と同じ店舗内で治療していますので、 私が務めているスマーツウィーク鍼灸整骨院(各種保険取扱い)と併用して頂き、心身共にリフレッシュしてください。

皆様のご利用を心よりお待ちしております。